So-net無料ブログ作成
検索選択

「サッカーの春到来」


2015シーズンホーム開幕。
昨シーズンの悔しさを力に変えて新しいシーズンがスタートします。

街も新しい街路灯バナーが付けられ少しずつ赤く染まっていく中、サッカーの春が来たな、と実感しました。

フラッグDSC_0184-1.jpg

 

DSC_0191旗jpg.jpg


今日は浦和駅西口伊勢丹前で新しいフットレリーフの御披露目です。
昨シーズンで162試合達成した「柏木陽介選手」です。
御披露目と合わせて記念のクリアファイルをプレゼントするのに長蛇の列が出来、あっという間に1000枚がなくなりました。
柏木選手の人気と今年のレッズへの期待の高さも伺いしれました。

伊勢DSC_0188-1.jpg

 

DSC_0186-1足jpg.jpg

また浦和駅前のうなこちゃんの銅像も新しい団扇で応援してくれていました。

スタートダッシュで1stステージの頂点を目指します。
今年も熱い声援をお願いします。

【2015.03.14 HT:K】


被災地支援展示(続)



浦和パルコ9階で行われている「被災地支援展示 あの日から4年 わたしたちは、忘れない」で31日(日)1400から 参加団体15団体と多くの支援者による「サロン&交流会」が実施されました。



全員で黙とうをした後、主催者の挨拶が行われ、各団体の活動報告がなされました。



浦和レッズもレッズの取り組みを報告すると同時に、昨年岩手県山田町と大槌町の小学校を訪問した際、通常であれば小学校高学年のクラスを担当するのですが、学校側はあえて小学3年生を依頼してきた。

一昨年もそうでしたが、56年生は現実を受け止めそして低学年は無邪気に生活を送っている中、震災当時小学校1年生だった現在の34年生が当時のトラウマから精神的に病んでおり、学級崩壊の危機にもあるということで学校側も親も中々対応できないこともあり浦和レッズハートフルクラブに当てがってきた現実。

それは現地への「継続的支援」が認められ子どもたちとの交流が信頼を生んだ証と解釈していること、そしてその世代の子どもたちの「本当の意味での復興」はまだまだであるという現実を語らせていただきました。



今後も浦和レッズは『東日本大震災等復興支援プログラム』として「継続」して支援を続けていくつもりです。



 DSC_0169パルコサロン.jpg



【2015.03.01 HT K】